杏子 衣装忘れ下着姿でBARBEE BOYSのライブ出た過去 セクシーな衣装「多かったですけどね」

[ 2021年11月30日 18:15 ]

杏子
Photo By スポニチ

 ロックバンド「BARBEE BOYS」のメンバーで、ミュージシャンの杏子(61)が29日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後10・00)に出演。「BARBEE BOYS」のライブで衣装を忘れて下着姿でステージに立った過去を明かす場面があった。

 この日は杏子のほか、「SHOW-YA」の寺田恵子(58)、中村あゆみ(55)、大黒摩季(51)といったロックのレジェンド歌姫たちがそろって登場。それぞれがかつてのエピソードを話す中、杏子は衣装を忘れたトラブルについて話した。

 杏子は「前日が名古屋ライブで、汗だくのビスチェがあって、自分の部屋で乾かしたかったので、乾かして、(その日が)大阪のライブで、30分前ぐらいに着替えればいいなと思っていたら、そのビスチェを忘れてしまい、舞台監督とバンドのメンバーに(忘れたことを)言ったら、『大丈夫、大丈夫』『GO、GO』ってなって…。『え?下着なんですけど』って言ったけど、『大丈夫、大丈夫!』ってなって」とそのまま下着のままステージに立ったことを告白。「30分ぐらい過ぎて(衣装が)届いて、ベースソロの時にアンプの裏でどうにか着替えた」と顛末を明かした。

 この話に、中村は「でも、杏子さんはもう下着っぽいんですよ、衣装が。セクシーでしたよね」と振り返ると、杏子も「(セクシーな衣装が)多かったですけどね」と苦笑した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月30日のニュース