希波らいと 花組新人公演に初主演で割れんばかりの拍手 舞台映えするルックスに堂々とした芝居運び

[ 2021年11月30日 21:04 ]

新人公演初主演で存在感たっぷりにクロノスケを演じた希波らいと(右)とヒロインの美羽愛
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団花組公演「元禄バロックロック」の新人公演が30日、兵庫・宝塚大劇場で行われ入団5年目の希波らいと(きなみ・らいと)が初主演を果たした。

 身長1メートル77と恵まれた体格、舞台映えするルックスで客席の目をひき、初主演とは思えないほど堂々とした芝居運び。カーテンコールでも「久しぶりの新人公演ということで、稽古場でも不安な思いで正直、押しつぶされそうになったこともありました。本日こうして、ようやく新人公演の舞台ができ、出演者一同、幸せな気持ちでいっぱい」と落ち着いてあいさつすると、割れんばかりの拍手が起こった。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、花組にとっては約2年ぶりの新人公演。希波は「本番を迎えられて感慨深いというか、下級生が結束してエネルギーを放つ場のありがたさをより強く感じました」。

 希波は2019年に上演された「花より男子」で、当時入団3年目ながらイケメン男子グループ「F4」に抜てきされるなど、注目の存在。今回、大劇場で初めて受けるセンターでのスポットライトに「照明の強さに正直驚きまして…。これを毎回されている(トップスターの)柚香(光)さんを尊敬しても尊敬してもしたりない」と話し笑わせた。

 また、ヒロインの美羽愛(みはね・あい)は「2年ぶりの新人公演ということで、今日という日が夢なのではないかな?という思いでした。心から感謝しかありません」などと話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月30日のニュース