坂上忍 現金&クーポン10万円給付に事務経費1200億「なんでこんなかかるの!」と声荒げる

[ 2021年11月30日 13:46 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 タレント坂上忍(54)が30日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演。財務省が18歳以下の子どもへの10万円相当給付に関し、現金とクーポンで10万円を給付するのにかかる事務経費が1200億円となり、現金で一括給付するより900億円高くなると説明したことについて、疑問を呈した。

 事務費用について、現金給付には約280億、クーポン支給に約967億もかかると判明。坂上は「クーポンで967億って、なんでこんなかかるの!」と声を荒げ、使うお金が税金だけに「お金って感覚じゃなくて、数字になっちゃんだよな、この人たちが使うと」と政治家に苦言。

 人件費、広報費、郵送費などで事務費用がかかるだけに、松野官房長官は会見で理解を求めていたが、坂上は「ダメです!こんな後追いではダメです」とバッサリ。「困ってる方に早く届くなら誰も文句言わない。お金かかることは間違いないけど、じゃあ民間でやったら、こんな金かかったら無理なんだから、ここを切り詰めてこういうやり方でやるとかどんどん精査していくのが当たり前のはず」と、経費をギリギリまで削る作業をするべきだと主張した。

 コメンテーターの安藤和津も「ダメですね。全然懲りないし、目的がバラけている。経済をまわしたいが故にまたこのクーポン考えたのかとか思う。本当に困っている人を救うことにもならない。しかもアベノマスクだって、倉庫代で6億とか7億かかってるわけでしょう?なんで勉強しないんでしょうね、この人たち」と斬った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月30日のニュース