大橋未歩 週刊誌の突撃取材受け「一瞬ニヤッてした」理由に…上司から言われていた言葉

[ 2021年4月25日 12:14 ]

フリーアナウンサーの大橋未歩
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの大橋未歩(42)が25日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。かつて受けた週刊誌記者による突撃取材について明かした。

 週刊誌記者とのトラブルについて話を進める中、「(経験は)ありますね。生放送をやっていた時はいつ終わるって分かってしまうので、必ず社の前で待たれてしまったり」と大橋。突撃してきた記者は男女でカップルを装っていたこともあったという。

 「自分が知らない人が、自分のことを知っているってすごい恐怖だった」としつつ「ある上司に言ったら『でかした』って言われたんです」とも。「顔を出している以上、写真週刊誌に狙われるっていうことも知名度の証でもあるから、ある意味でいうと“でかした”って言われて。それは見たいって人がいてくれるってことだから。すべてを否定するって言うのも難しいんだろうなと思っちゃたりもする」と続けた。

 実際に、撮られた時の心境を振り返り、「一瞬ニヤッてしちゃいました」とぶっちゃけ、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月25日のニュース