浜村淳、親交あった神田川俊郎さんの死を悼む「今さらながらにコロナの恐ろしさを痛感します」

[ 2021年4月25日 23:45 ]

タレントの浜村淳
Photo By スポニチ

 タレント浜村淳(86)が、25日に亡くなった料理人・神田川俊郎さんについて「大阪の名物料理人がいなくなり、寂しくなる」と惜しんだ。

 神田川さんとは、読売テレビ「2時のワイドショー」で共演して以来、家にも料理を作りに来てくれるなど親交があった浜村。25日に本紙取材に応じ、思い出を振り返った。

 同番組の料理コーナー「神田川料理道場」では「料理はお皿に絵を描くように盛り付けるのが肝心」というのが神田川さんの口ぐせだったという。「しゃべりもうまく、メディアにも積極的に出て全国区になった。石原裕次郎さんや西川きよしさんらセレブを常連客に持ち、当時は神田川さんの店で食事するのが一つのステータスにもなっていた」と評した。

 また、「あのおなじみの白い割烹着を着て、相撲の大阪場所を見に行ったり、ユーモラスで目立つことが好きな人でしたね」とその人柄にふれ、「大阪らしい名物料理人がいなくなり、寂しい思いです」と肩を落とした。

 新型コロナウイルスに感染していたことを知り、「今さらながらにコロナの恐ろしさを痛感しています」と語った。

 
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月25日のニュース