大分聖火リレー 指原、笑顔でゴール「温かい拍手うれしかった」

[ 2021年4月25日 05:30 ]

大分での聖火ランナーを務めた指原莉乃
Photo By 代表撮影

 東京五輪の聖火リレーは24日、大分県での2日目が実施された。夜には大分市で地元出身のタレント指原莉乃(28)がゴール。指原は「空間を空けて皆さんに見守っていただき、温かい拍手をいただきうれしかった」とあいさつした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大分市内では一部区間の走行を取りやめた。ゴール会場の周囲には、通行人らの密集を避けるため、目隠し用の幕が設置された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月25日のニュース