吉岡秀隆 コロナ感染時の宿泊療養振り返る「外に出られるのは食事を取りに行くときだけ」

[ 2021年4月25日 14:30 ]

俳優の吉岡秀隆
Photo By スポニチ

 俳優の吉岡秀隆(50)が、25日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。コロナ感染中の療養生活について明かした。

 吉岡は昨年8月28日、参加作品の準備のためPCR検査を受診したところ、同日に陽性が判明。翌29日から宿泊療養を行い、9月7日に解除となった。コロナ禍での生活について聞かれた吉岡は「僕、陽性になっちゃったから。それで隔離生活」とし、宿泊先は「ビジネスホテルで。たぶん使ってなかったんだと思う。本当に古びたところの、501号室」と話した。

 ホテルでは「防護服を着た人たちが迎えてくれて、足元に線が引いてあって、『その通り歩いて行って下さい』って言って、非常階段から上がっていって」移動したとした。「そしたら防護服着た人が、『これ、読んでください』って」と注意書きを渡され、さらに「タオルと洗濯用の固形石けん渡されて、カギを渡されて」療養生活がスタート。10日間の生活中、「外に出られるのは食事をとりに行く時だけ」だったと振り返った。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月25日のニュース