TKO木本 洞窟の中で訪れた“緊急事態” さまぁ~ず三村に迷惑「この前、初めて謝りました」

[ 2021年4月25日 19:53 ]

お笑いコンビ「TKO」の木本武宏
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「TKO」の木本武宏(49)が25日、ABEMA「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)にコメンテーターとして出演し、お笑いコンビ「さまぁ~ず」三村マサカズ(53)に迷惑をかけたロケでの“緊急事態”について語った。

 コロナ禍で感染拡大の防止を理由に、コンビニなどでトイレを貸さない店舗が増える中、出演者らが自身のトイレトラブルについてトークした。

 木本が明かしたのは、約20年前に三村と行ったロケでの出来事。洞窟の中を12時間ほど進み、逆側に出られるかという探検もので、狭い穴をほふく前進などをしながら進んだという。広い場所に出くわした時に簡易トイレで用を足すよう言われていたが、木本は運悪く、狭い穴の途中で尿意を催してしまった。「『次の(トイレが)できるスポットまで何時間ですか?』、『1時間です』と。無理やなと思って」。我慢の限界が訪れた木本は、「分からんようにチャックを下ろして、ちょっと先っぽだけ出して、おしっこをちょろちょろちょろしながら進んだんですよ」と暴露した。

 すると、後ろを進んでいた三村が突然、「木本、このへんの水、温けえよ!」と言い始めたという。「僕ね、この時、(三村と)面識があんまりなかったから、おしっこと言えずに、『ホントですか!』、触って『ホントですね!』って」。本当のことを言えず、三村の話にお付き合いしたという。

 先日、ようやく三村に事実を明かしたといい、「20年くらいたってからこの前、初めて謝りました。『すみません。あれ、おしっこだったんです』って」と申し訳なさそうに打ち明けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月25日のニュース