古舘伊知郎が明かす明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏の驚くべきペット事情!!小学時代に飼っていたのは…

[ 2021年4月25日 19:35 ]

フリーアナウンサー古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(66)が、25日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に初登場し、共演した明治天皇の玄孫(やしゃご)で憲法学者・竹田恒泰氏(45)についての“マル秘情報”を明かした。

 竹田氏と小学時代の同級生だった女性と長く仕事をしていたという古館。「彼女が、小学生のころ竹田君の家に行ったら応接間に通され、子供たちでわいわい遊んでいた。人影を感じたけれど、誰もいないし声は聞こえない。何だろうこの気配は…と思ってふと天井を見上げたら、オランウータンが居たと!!」と、女性から聞いた話を披露した。

 「え!!竹田家に!?」と驚きの声をあげる共演陣に、竹田氏は「ちょ、ちょっと待って…ちょっと違います」とあわてて否定。正しくは「ムササビです」と説明したが、古館からは「いや、私はオランウータンと聞いています」と物言いがついた。「サルは居ました…でも小さいリスザルです。ただ、私がもうちょっと小さい時にはシロテテナガザルがいました」と告白。オランウータンではないにしろ、驚きのペット事情にスタジオは騒然だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月25日のニュース