さんま 松山英樹快挙で興奮しすぎ…腰痛めるも 購入したサポーターの思わぬ効果

[ 2021年4月25日 11:58 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が24日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。松山英樹が優勝したマスターズに興奮しすぎて腰を痛めたことを明かした。

 「マスターズ見て興奮して俺もやらなアカンと。おもりのついた7番アイアンをビュンビュン振ってたら腰をピキっと痛めて」と明かした。腰を痛めたにも関わらず、後日ゴルフの予定があったため、わざわざ腰のサポーターをネットで購入したという。

 共演の村上ショージ(65)からは「休めばいいのに」とツッコまれたが、サポーターの効果はてきめん。「(サポーターをして)ゴルフやったらものすごく調子良かったんよ。サポーターしてるから安心すんのか」と大喜び。「お昼ご飯食べた後に締めたら胃液があがってきてアカンとはずした。つけなかったホールはダボたたいた」と振り返った。

 本業のトークにも良い作用があるのではないかと「明日収録で締めてみる」と大張り切り。村上は「すごいキレてるんやろなあ。みんなびっくりするんちゃいますか」と期待していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月25日のニュース