元「ブルゾンちえみ」藤原しおり 芸人引退後初のテレビ出演「心穏やかに過ごしています」

[ 2021年4月25日 19:40 ]

「ブルゾンちえみ」として活動していた藤原しおり
Photo By スポニチ

 「ブルゾンちえみ」の芸名で活動していたタレント、藤原しおり(30)が25日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所20年目突入SP!」(後7・00)に出演。準レギュラーを務めていた同番組で、芸人引退後、初となるテレビ登場を果たした。

 現在、YouTube活動、雑誌の連載、J-WAVE「TOMOLAB.」(土曜後8・00)のナビゲーターなど、幅広く活動中だ。1年前に芸人を辞めた。VTR出演し、スタッフに生活ぶりを尋ねられると「最近は目覚ましをかけずに朝日で起きます」とニヤリ。「家の中では焚火の音をかけたり滝の音を流したりして、心穏やかに過ごしています」と話した。

 プライベートで、パン作りを始めたそう。「丁寧な仕事をしている人はみんなパンこねていて」と持論を展開し、「これ(パン作り)が一番したいことなので、これを堪能したらよし、そろそろ働き始めましょうかってなると思う」と、ボケた。貯蓄的なことは大丈夫?と問われ、「もう少しこねてられそうなんで、ハハハ」と笑った。

 VTR後、スタジオにも登場。「やっと穏やかな生活が訪れた」と重ねた。話すペースもスローで、スペシャルMCを担当した明石家さんま(65)らに「急ぎすぎ」とアドバイス。「1年自分の好きなペースで生きていたら、素がこうなりました」とした。

 藤田ニコル(23)は、コロナ禍で急に仕事がなくなった際、不安を覚えたと告白。芸人引退の際、不安はなかったかと振られた藤原は、「覚悟が出来ていたというのでは、急に無くなったというわけではないので」と話した。

 ブルゾンは2017年1月、同局「ぐるナイ!おもしろ荘」に出演しブレーク。20年3月に解散したお笑いコンビ「ブリリアン」とともに、「ブルゾンちえみwith B」として活動していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月25日のニュース