松田丈志氏 「押印をする為だけに銀行に来てる」状況に疑問「ムダだなと感じる」

[ 2020年4月21日 09:23 ]

松田丈志氏
Photo By スポニチ

 競泳・五輪メダリストの松田丈志氏(35)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、在宅勤務(テレワーク)が進む中でも、押印のために出向かないといけない日本の“ハンコ文化”に疑問を投げかけた。

 松田氏は「押印をする為だけに銀行に来ている。できるだけ外出を減らしたいこの緊急事態の中、印鑑がないと手続きができないのはムダだなと感じる」と疑問符。「そして外に出るので久しぶりに髭を剃ったが、マスクをしているので特に意味はなかった。笑」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース