梅沢富美男、麻生財務相発言に怒り爆発「あんたらをお殿さまにしてくれたのは誰ですか?」

[ 2020年4月21日 17:29 ]

俳優の梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(69)が21日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)にリモート出演。麻生太郎財務相が17日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス対策での全国民への10万円給付について「要望される方、手を挙げる方に配る」と発言したことに怒りを爆発させた。

 新型コロナウイルス感染拡大で芸能界にも大きな影響が出ているが、梅沢も例外ではなく「こうやって『ミヤネ屋』に出演させてもらって15日ぶりの仕事」と明かし、「15日間、ずっと家にいました」と近況を振り返った。

 続けて、梅沢が率いる大衆演劇「梅沢劇団」については「2月の下旬から3月、4月と、もちろん5月の仕事もなくなった」とした上で「でも、やっぱりみんな生活をしていかなくてはならない。家賃も払っていかなきゃならない。じゃ、誰がどうしてくれるんですかって、誰もしてくれないじゃないですか」とコメント。「そしたら座長って言われている僕がですね。俺がしてやらなかったら、誰もしてくれませんから。だから、僕は頑張ってみんなの公演日数のお金を補填している」と説明した。

 さらには、国民一律10万円の給付金についても言及し、「もう、本当にいい加減にしてくださいよ。人を何だと思ってるんですか!俺、ずっと15日間ね、テレビに向かって大声出してましたよ」と憤り。

 「(国民一律10万円は)手を挙げる方に配る」などと述べた麻生氏へ向けて「お殿さま気分でいるんだったら、いればいい。じゃあ、下々に1回降りて来て、どんな生活をしているのか、どんな暮らしをしているのか、てめえの目でちゃんと見ろって言いたいですよ」と話し、怒りは収まることなく「なんだい、その、手を挙げた方に10万円くれるって。全く失礼じゃないですか。あんたらをお殿さまにしてくれたのは誰ですか?国民ですよ。あんたたちの給料は俺たちの税金ですよ!それを自分の金みたいなこと言って。どこか行くんだったら、てめえの金で調べに行きゃいい。国会議事堂なんかいないで。まだまだ困った人はいっぱいるわけだから。目で見て、そういうことは判断すればいいんだろう。目も見ないで言うから、あんな偉そうな口がきけるんですよ」と、あきれ顔。

 不快感を示しながら「失礼じゃないですか、国民に。誰のおかげで国会議員になれたんですか。本当に腹が立つな」と言い放った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース