橋下徹氏 全国民10万円給付に怒り「国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!になぜしないのか」

[ 2020年4月21日 12:07 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの緊急経済対策として実施する全国民向けの一律10万円給付を「国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか」と訴えた。

 橋下氏は「給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか。その上で、それでも受け取ったら詐欺にあたる、懲戒処分になると宣言すればいいだけなのに、これも各自に任せるといういつもの無責任政治。国会議員でも絶対受け取る奴はいるよ」と全閣僚の辞退だけを発表した政府の対応を痛烈に批判した。

 さらに「感染のリスクの中で奔走している現場の公務員たちには、たっぷりと特別手当を支給すればいいだけ。それ以外の公務員は給料もボーナスも満額支給で生活は安泰なんだから10万円給付なんて要らんやろ。議員は特に要らんやろ!」と怒りをあらわにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース