チェリー吉武、妻・たんぽぽ白鳥とともに「自宅隔離終わらず」 2週間経過も保健所から指示

[ 2020年4月21日 14:45 ]

チェリー吉武と「たんぽぽ」白鳥久美子夫妻
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中のお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(38)の夫で、お笑い芸人のチェリー吉武(39)が21日、自身のブログを更新。自宅隔離生活が2週間を経過したものの、保健所の指示で延長となったことを伝えた。

 白鳥が感染したことを受け、濃厚接触者として自宅隔離生活を送っていた吉武。「自宅隔離生活から2週間たちました 外に1度も出ず2週間自宅にこもったのは生まれて初めての経験でした」と報告した。「体を使う体当たりの芸している僕には退屈、動きたい。自宅での1番の楽しみは食べること、そして料理作ること」として、自身で作ったというホットケーキ、シフォンケーキ、プリンの写真をアップした。

 続けて「目標の2週間で自宅隔離生活は終わりかと思いましたがまだ奥さんも自分も保健所さんからの指示で自宅隔離終わらず」と明かし、「まだ先が見えないですが毎日夫婦生存確認しながら助けあって元気に生きてます」と報告。「夫婦関係で今、コロナ離婚など騒がれてますが私たち夫婦はコロナLOVEで乗り越えて行きたいと思います」とつづった。

 白鳥は先月29日に嗅覚異常を感じていたが、アレルギー性鼻炎の持病があるため症状の判断がつかず。今月3日になって親しい知人が新型コロナウイルス陽性と診断されたことが分かり、改めて自身の症状をみると発熱が判明。4日以降は自宅待機して保健所と連絡をとっていたところ、7日にPCR検査の結果、陽性と診断され、8日に公表した。

 吉武は8日に更新したブログで「現在症状は出ていませんが、保健所の指示で自宅にて、お互いに別の部屋で隔離しながら良くご飯を食べ、良く休み免疫力落とさずに過ごしています」とし、「これから、保健所の方からの指示にしっかり対応してながら、経過を見ていきたいと思います」とつづっていた。

 白鳥の相方・川村エミコ(40)は15日に更新したブログで「2週間の観察期間が終わりました。この間、特に症状もなく穏やかに元気に過ごしておりました」と伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース