「家政夫のミタゾノ」松岡昌宏がコロナ対策指南「除菌シートの正しい使い方」など動画4本

[ 2020年4月21日 05:30 ]

「家政夫のミタゾノ」の主人公に扮し、ステイホームに役立つ除菌シートの作り方動画をアップしたTOKIOの松岡昌宏
Photo By 提供写真

 新型コロナウイルスの感染拡大で「ステイホーム」が求められる中、24日スタートのテレビ朝日ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜後11・15)で、TOKIOの松岡昌宏(43)が演じる家政夫ミタゾノこと三田園薫が20日未明、コロナ対策に役立つ動画をYouTubeにアップした。

 公開した動画は全4本。「除菌シートの正しい使い方」「自宅にあるもので除菌シートを作る方法」「縫わずにできるマスクの作り方」という家政夫らしい3本に加え「家でできるダンスエクササイズ」を、いずれも分かりやすく紹介している。

 除菌シートの作り方としては、ぬるま湯が入ったペットボトルとそのキャップ、界面活性剤の成分が入った台所用洗剤を使って除菌液を作り、キッチンペーパーや布に染みこませて完成。マスクは、大きめのハンカチと髪留めのゴムを2つ使うだけで作ることができるという裏技も披露。これまで3シリーズを放送してきた同ドラマでも、劇中でミタゾノが「お役立ち情報」を紹介してきただけに、ドラマの放送前に一足早く視聴者の役に立ちたいと、自ら動画発信したようだ。

 エクササイズでは、ドラマ主題歌「Last Mermaid…」(Hey!Say!JUMP)のドラマ本編では流れない特別バージョンの映像に合わせて、ミタゾノが振り付けを指導している。

 撮影は2話まで終了し、現在は中断中。ミタゾノは「皆さん、今はステイホーム。外に出ても、ソーシャルディスタンス」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース