茂木健一郎氏「絶句」 広島知事が県職員の10万円給付活用案に「県職員の方だって…」

[ 2020年4月21日 22:27 ]

脳科学者の茂木健一郎氏
Photo By スポニチ

 脳科学者の茂木健一郎氏(57)が21日、ツイッターを更新。広島県の湯崎英彦知事が新型コロナウイルス感染対策で政府が全国民に一律給付する10万円のうち、県職員が受け取った分の活用を検討する考えを示したことに「これは無理筋なのでは…」と投稿した。

 湯崎知事は記者会見で、休業要請に応じた中小事業者に支給する協力金など支援策の財源確保のため、「財源は聖域なく検討したい」と述べた。県によると、職員数は教職員や警察官を含めて約2万5千人。

 茂木氏は「絶句」と反応。「県職員の方だって、生活者としての側面があり、知事といえどもこれは無理筋なのでは…」と指摘した。

 茂木氏の投稿にネットでは「国が給付するものを知事が取り上げるとは…」「勝手にこんなことしていいんですかね!」「これはやりすぎ」「他人の金をどう使うか決められるんですね。凄いなあ」「広島県民として残念」「公務員はコロナでも給料減らないし、私は賛成です」などの声があった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース