菅田将暉の“ブランディング”に松坂桃李「一瞬ドキッとした」 ANNで連絡先問題“解決”

[ 2020年4月21日 18:45 ]

菅田将暉
Photo By スポニチ

 俳優の菅田将暉(27)が20日深夜放送のニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」(月曜深夜1・00)で、ゲストとして電話出演した俳優・松坂桃李(31)と共に、今年開催された第43回日本アカデミー賞授賞式の裏話を明かした。

 笑福亭鶴瓶(68)、中井貴一(58)、GACKT(46)と優秀主演男優賞を受賞した2人。松坂は「一個、確認したいことがあるんだけど」と切り出し、当時受けたインタビューの中で気になった菅田の言葉を明かした。

 「2人は仲良いんですか?」と問われた際、菅田は「桃李君とは連絡先も知らないです」と答えていたそう。だが、松坂いわく、連絡先は交換していたといい、さらに「連絡先は知っているけど、あんまり連絡はしない」と菅田が同番組でしゃべっていたのを聞いていただけに「あれ?連絡先は知っているけどな」と心の中で思っていたという。

 この件について水を向けられた菅田は「内心どう思ってるかというか、完全に世間体で。“連絡先は知らんけど、ぼくらは深いところで繋がっている”みたいなのがかっこいい。というブランディングです」と釈明。一方で「すいませんでした、先に言うべきでしたね」と謝罪すると、松坂は「それは先に言っとかんと。一瞬ドキッとしたわ」と苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース