森三中・黒沢 2度陰性判定を報告「とりあえず一安心」 音声のみ動画 最後は元気な歌声も

[ 2020年4月21日 11:31 ]

「森三中」の黒沢かずこ
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染を公表していたお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が21日、YouTubeチャンネル「森三中ube」で音声メッセージを公開し、PCR検査で2度の陰性が出たことをあらためて報告し、「とりあえず一安心」と心境を明かした。

 黒沢は「どうも、森三中・黒沢です。PCR検査で2回陰性が出まして、とりあえず一安心ですが、まだまだわからないですね」と吐露。「でもこの瞬間に、苦しんでいる方や支えてくださっている医療現場の方がいらっしゃるので、個人的な発言で誰を傷つけてしまうかもしれないので」と詳細は語らず。「とりあえず、陰性が出ましたということを報告させていただきます」と話した。

 続けて「看護師さんやお医者さんが本当に支えてくださいました」と感謝。「本当にたくさんのお仕事内容をされていて、国が会見をしている間にもずっと働いてくださっていて、そのお姿やお声が忘れられないです。今もこの時間、ありがとうございます」と続けた。

 さらに「このコロナウイルスで不安になることも多かったですが、たくさんの方に支えていただいたり、ご理解をいただきまして、ありがとうございました。この期間中、ラジオを聴いていた流れてきたモンパチ(モンゴル800)の『あなたに』がめちゃくちゃ響きましたね」としみじみ。「最後に私が21年前から歌い付付けているオリジナル曲『バイバイしないで』を歌わせていただきます」といつもように元気な歌声を届けた。

 黒沢は3月21日に発熱の症状が見られ、その後回復するも、味覚、嗅覚異常の症状のみが残存し、回復が見られないことから都内の保健所に連絡し、複数の医療機関を受診。2日に受診した医療機関において、CT検査を行ったところ、肺炎の診断を受け、最終的にPCR検査を受診し、3日夜に新型コロナウイルスに感染しているとの診断を受けた。

 20日に、メンバーの村上知子(40)がレギュラー出演する日本テレビ「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)で「PCR検査で2度陰性が出ました。今は味覚、臭覚も回復しまして、現在は自宅療養ということで、体調も大丈夫そうです!」と回復を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース