安藤優子キャスター 発熱と味覚異常公表のミッツに「やっぱり検査をして…」

[ 2020年4月21日 14:52 ]

安藤優子
Photo By スポニチ

 安藤優子キャスター(61)が21日、フジテレビ「情報LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)にリモート出演。タレントのミッツ・マングローブ(45)が発熱と味覚異常で自宅療養中と公表したことについて、「PCR検査を受けていないから(新型)コロナウイルスに感染しているかどうかも分からない訳ですよ。この症状が治まって、いつ自分は完治して復帰するタイミングをつかめるのかっていうのは分からないじゃないですか。そこが凄く悩ましいところ」と指摘した。

 ミッツはこの日の同局「バイキング」(月~金曜前11・55)にコメントを寄せ、今月10日から体調を崩していることを公表。平熱は35度台なのに37・1度まで発熱し、13日には咳が出始め、味覚が無くなった。「新型コロナウイルスの検査を受けるのが妥当と判断しました」というが、「肺炎の兆候もなく体温が(PCR検査を受け付ける基準の)37・5度以上に一度も達していないという理由から未検査のまま今日に至ります」と主治医の指示で自宅で療養している。

 安藤キャスターは「37・5度に達していなくても平熱が35度台のひとにしてみれば十分高熱。それが4日以上続いている訳ならば、やっぱり検査をして…復帰へのタイミングも含めて、どこが終わりで、どこが始まりなのかをはっきりしないと、治っても復帰できないじゃないですか…というのが一番問題だと思いました」と、ミッツを回復を願いながら、「隠れコロナ」の疑いを持つ人の検査の重要性を訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年4月21日のニュース