たんぽぽ白鳥担当のNHKラジオ「こでらんに5」福島放送局アナウンサー2人が代役

[ 2020年4月10日 18:25 ]

「たんぽぽ」の白鳥久美子
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染していることを公表したお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(38)が金曜パーソナリティーを務めるNHKラジオ第1「こでらんに5」(福島県域、月~金曜後5・00)が10日に放送され、NHK福島放送局の田中朋樹アナウンサーと山岡裕明アナウンサーの2人が代役を務めた。

 3月29日に嗅覚に違和感を覚えたが、アレルギー性鼻炎の持病があるため、コロナの症状と判断がつかなかったという白鳥。今月3日に親しい知人からコロナに感染したと連絡を受け、自身の体調を確かめると発熱があったため、4日から自宅待機して保健所と連絡を取っていた。7日にPCR検査で陽性と判明し、所属事務所が8日に発表した。

 地元・福島(郡山市出身)のラジオ「こでらんに5」には、今月3日に出演。感染公表後、この日が担当曜日の初放送となったが、自宅療養中の白鳥は欠席した。

 番組冒頭、「先日からお伝えしています通り『こでらんに5』金曜パーソナリティーを担当している、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子さんが新型コロナウイルスに感染したことが確認された、と所属事務所から発表がありました。今後は、保健所の指導に従っていきますが、念のため、白鳥さんと一緒に放送に臨んだキャスターと、打ち合わせにあたったディレクターは自宅で体調を観察してもらっています」と説明があった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース