加藤浩次 休業要請対象の線引きに疑問視「ゴルフ行くって…ありなの」

[ 2020年4月10日 09:38 ]

極楽とんぼ・加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が10日、日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)で、政府の緊急事態宣言をめぐる東京都の休業要請対象を疑問視した。

 東京都の小池百合子知事はきょう10日、休業要請対象の業種や施設を公表する。要請の対象に含めようとした百貨店や理髪店、ホームセンター、屋外のスポーツ施設は、国の考えを受け入れて対象外とする見通しだ。

 加藤は「この流れって僕、どうなんだろう?って思います」と苦言。「休業要請、どこにするの。美容室を残すのかどうなのかって。なんか、こんなことって…言ったら美容室の方に失礼かもしれませんけど、基本的に大体全部が自粛要請でいいんじゃないの、って僕は思ってしまうんですけど」と持論を述べた。

 「いろんな会社も自粛して。お店を閉めているところもいっぱいあって。我慢して家に居る人もいっぱいいるんだけど…ここはいいよ、って感じってどうなんだろう」と休業要請の対象業種は一律であるべきではと主張した。

 また、「本当にゴルフ練習場の人には申し訳ないですよ」と断った上で、「不要不急って言って、みんな外出を控えましょうという中でゴルフ行くって、練習するってありなの。(外出自粛の)意味ないんじゃないのって思っちゃうんだよな」と力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース