山咲千里 レギュラー5本も…37歳で芸能活動休止した理由を告白

[ 2020年4月10日 19:56 ]

女優の山咲千里
Photo By スポニチ

 ドラマやバラエティー番組で活躍した女優でタレントの山咲千里(57)が9日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演。2000年に芸能活動を突然休止した理由を明かした。

 16歳の時にNHKドラマ「鮎のうた」(1979年)で女優デビュー。TBSドラマ「スチュワーデス物語」(83年)では髪型をベリーショートにしたテクノカットが話題になり、その後は日本テレビ「マジカル頭脳パワー!!」やTBS「世界ふしぎ発見」などバラエティー番組にも引っ張りだこでお茶の間の人気者となった。

 さらにボンデージファッションをコンセプトにした写真集も大ヒット。芸能界のど真ん中で活躍するも、2000年にレギュラーを5本持つ中、37歳で芸能活動を突然休止。表舞台から姿を消した。

 活動休止した理由を聞かれた山咲は“結婚”と告白。相手は一般男性で「会った日に私から“結婚してほしい”と。その人がおじいちゃんになる顔が見えて。長く一緒にいられる気がした」と出会った日にプロポーズしたといい、その後結婚生活を優先するため芸能活動を休止したと語った。

 だが、結婚生活は「12年で終わってしまいました」と8年前に離婚したと山咲。「ご飯の片付けが本当に嫌で…。結婚3日目ぐらいに“私は結婚向いてないな”と思った」と振り返った。「泣きながら我慢していた」が、12年後の49歳の時に離婚したと明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース