平愛梨 志村さんとの別れ「あまりにも突然」 新型コロナが「悔しくて苦しい」

[ 2020年4月10日 10:53 ]

平愛梨
Photo By スポニチ

 サッカーのトルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)の妻で、タレントの平愛梨(35)が9日、自身のインスタグラムを更新。 先月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去したタレントの志村けんさん(享年70)への喪失感をつづった。

 平は空の画像をアップ。「なぜだろう? 日中は朝から晩ご飯の片付けまで、シャカリキ動いているのに、ベベックを寝かしつける時間になると『ちゃんと、またみんなに会えるかな』と不安でこわくなる。抱っこしているベベックから感じるヌクモリ。窓越しに覗く満月。それに比べて、嘘のような今の現象」とつづった。

 「トルコでは、新型コロナウィルス感染症によって、3万人以上の方が感染、812名の尊い命が奪われたと聞きました。どの国も、身を守る為に規制して呼びかけているのにどうして増えていくの?これ以上伝染させないでほしい!」と世界的に広がる新型コロナウイルス感染を嘆いた。

 そして「志村けんさんの命も奪われた。泣いて、悔やんで、悲しんでいる人は、計り知れない。私自身も、もっともっと志村さんを見ていたかった。何日経っても癒えない」と志村さんとの突然の別れの喪失感をあらわに。「あんなに笑わせてくれた方だから、きっと、たくさんの人が泣くより、笑って過ごしてほしいって思ってるはずだけど でも、あまりにも突然で、新型コロナウィルスって原因が悔しくて苦しい」と続けた。

 「遠く離れて過ごす家族や友人とは、会えないからこそ心配で仕方がないけど、今は近くにいてもこの状況で外出や人に会うことは控えなきゃならない。それが1人でも多くの命を守ることに繋がる。自分の身を守らないと愛する人たちも守れない!どんな人にも必ず誰かがどこかで会いたがっていること!まだまだ伝えきれてないことがたくさんあることをちゃんと感じてほしい!!」と呼びかけ。「家から出ないことが自分の身を守り、大事な人達を幸せにできる。本当に今やるべき手段なのかもしれません!人から人へ移る恐ろしいウィルス!どうか広がりませんように!! 一人一人みんなの意識によって、どうか日常を取り戻せますように」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース