岡村隆史 撮影・収録の延期続き「ずっと家」 自宅から発掘されたのは…

[ 2020年4月10日 11:33 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 ナインティナインの岡村隆史(49)が9日深夜のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大で「仕事がもうないんですよ」と嘆いた。

 番組冒頭から「もうどうにもこうにも、しようがない。とにかく何にも…仕事がもうないんですよ。全部休止、延期等で、仕事がもう何にもなくて。もう家にずーっといるんですよ」とボヤた岡村。ラジオでは1週間のうちに起きたことなどを話しているが「何にもオモロイことが起きてない。もう何しゃべったらいいですか?って状態。どこも出て行かない。ほぼUber Eats。あと、クーポン使える松屋。だからずっと家にいる」と続けた。

 家では掃除・整理整頓を始めたといい、懐かしい服や探していたものを発見できたという。そんな中、発掘されたのが2014年3月31日に生放送されたフジテレビ「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」の進行表だそう。見ると、タモリやウッチャンナンチャン、笑福亭鶴瓶、とんねるず、ダウンタウンと出てくる順番も明記してあるといい、「でも、あれ、無茶苦茶になったじゃないですか。実はこういう順番やったんよっていう、進行表が出てきて。いつかインスタにアップしようと思っていうのがいっぱい出てきた」と懐かしんだ。

 さらに「ガンプラをまた始めた」ことも告白。塗装専用の道具をアマゾンで購入したそうで、それなりに自宅生活をエンジョイしている様子を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース