岡田晴恵教授 東京都の感染者最多更新に「新たなフェーズに入った…手遅れにならないよう…」

[ 2020年4月10日 09:43 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が10日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が9日に新型コロナウイルスの感染者が新たに181人確認されたと発表したことに言及した。

 1日当たりの感染者数としては8日の144人を上回り、2日連続で最多を更新。都内の感染者数は4日に初の3桁となり、その後も高い水準で推移し、累計では1519人となった。

 岡田教授は「新たなフェーズに入った。クラスターを追うのはもう不可能」と言い、「ニューヨークにならないように…ニューヨークは手遅れですよね。手遅れにならないように、早い時期で強い措置をすぐにかけないと、これは本当に怖い。ニューヨークを他人事にしてはいけない。ああならないうちに今のうちにやりましょうっていうのが国民を救うことになると思っています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース