音楽番組“崖っぷち” ライブ放送できず収録も続々中止 各局対応に苦慮

[ 2020年4月10日 05:30 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で、テレビの音楽番組も“崖っ縁”に立たされている。

 テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後9・00)などの生番組は、早ければ次回から、過去の映像を放送する方向で協議が進んでいる。収録形式の番組でも撮影中止が相次いでおり、来月以降はMV(ミュージックビデオ)を流すなど、苦肉の策を強いられる見込みだ。

 感染拡大を受け、キー局は今月初めから相次いで、ドラマやバラエティー番組の収録やロケをほぼ凍結すると発表した。レコード会社関係者は「音楽番組はスタッフを最小限にするなどして継続しているものもあった」と話すが、緊急事態宣言後は、収録を中止するケースが増加した。

 NHKは既に音楽番組全体の収録を取りやめる方針を固めており、生放送の「うたコン」(火曜後7・57)は7日の放送を休止。次回以降も「傑作選の再放送などで対応するしかない」と、対応に苦慮している。

 13日からレギュラー放送開始予定だったTBSの新番組「CDTVライブ!ライブ!」(月曜後10・00)はアーティストの歌唱部分は生放送だが、局が19日まで報道番組以外の収録見合わせを発表済み。少なくとも緊急事態宣言が続く来月6日までは同様の対応となりそうで、番組のスタートが切れない事態になっている。

 生のパフォーマンスがない番組も「収録スケジュールは、ほぼ白紙に近い」(音楽関係者)。日本テレビ「バズリズム02」(金曜深夜0・59)は直近の収録が取りやめに。局関係者は「今月最終週あたりから、ストックがない状態」と話す。

 フジテレビ「ミュージックフェア」(土曜後6・00)は数回分のストックはあるというが、今月20日の収録は歌手の出席を見合わせ総集編として対応する案も検討中。同局「Love music」(日曜深夜0・30)はアーティスト側に動画コメントの提供を求め歌唱はMVでまかなう方向で検討している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース