おぎやはぎ矢作「会わないのが本当の愛」 コロナ影響受けたカップルの過ごし方に持論

[ 2020年4月10日 16:38 ]

「おぎやはぎ」矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、おぎやはぎの矢作兼(48)が9日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、新型コロナウイルス感染拡大の影響に言及。男女の恋愛関係について「会わないのが本当の愛」などと私見を語った。

 矢作は緊急事態宣言を受け、外出自粛が呼びかけられている現状に触れ、「でもさ、今不倫なんで目立つじゃん。人が出歩いていないから。(お互いの)マンションとか行けないよ」とコメント。交際するカップルが会うことができずに別れるケースがあることを紹介した。

 大人数で飲み会を開くことは「絶対ダメ」と断じた上で、「1人暮らししていて(彼氏・彼女が)そこに会いに行っていいの?あんまりよくないよね」と矢作。それでも、「愛している彼、彼女の家に会いに行くっていうのはな、もうな、それを止めることができるのか。その2人が絶対にそれ以外の人と会わないんだったらな」と続け、自問自答した。相方の小木博明(48)は、「聞いたことあるんだよな、愛を止めれないって」と話した。

 安倍晋三首相は、人と人の接触機会を最大8割減らすよう求めている。矢作は「8割ってことは、愛だけOKか」と話すも、その後熟慮した様子。最後は「会わないのが本当の愛、そうか」と、自身に言い聞かせるように結論付け、小木も同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース