日本将棋連盟、叡王戦7番勝負開幕戦が延期を発表

[ 2020年4月10日 05:30 ]

 日本将棋連盟は9日、山形県天童市で12日に開幕予定だった叡王戦7番勝負の開催を延期すると発表した。5月4日予定の第2局(名古屋市)も延期する。いずれも代替局の日時・会場は未定。

 叡王戦は将棋8大タイトルの一つで、今期のカードは永瀬拓矢叡王(27)―豊島将之竜王・名人(29)。日本将棋連盟は政府の緊急事態宣言を受け、タイトル戦に限らず棋士の長距離移動を伴う公式戦を5月7日以降に延期すると決定している。8日開幕予定の名人戦(豊島名人―渡辺明3冠)も5月19日以降に延期したばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース