ハライチ澤部 ユーチューバー化計画で伝説の番組復活? 「3人で集まると毎回この話に」

[ 2020年4月10日 15:15 ]

「ハライチ」の澤部佑
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑(33)が9日深夜に放送されたラジオ番組「ハライチのターン!」(TBSラジオ系)に出演し、2013年に3カ月だけ放送されたテレビ番組「うらやま市」(テレビ東京系)の復活を持ち掛けられた。ラジオ番組内では、澤部のユーチューバー化計画を進めており、リスナーからアイデアを募集中。「良いものがあれば、考えますよ」という澤部のもとに届いたのが、この番組の復活案だった。

 先日、千原ジュニア、小藪一豊、フットボールアワーが動画サイトのユーチューブ(YouTube)でバラエティー番組「ジュニア小籔フットのYouTube」を配信スタートさせ、伝説の番組「ざっくりハイタッチ」が復活したことが話題になった。「なので、加納英孝さん、アンガールズ田中さんと3人でやっていた伝説の番組『うらやま市』を復活させてほしい」という意見が届いた。この番組は「うらやま市」という架空の都市が、北関東のニューヨークを目指して街づくりを進めるため、様々な街をめぐり、情報や人材を集めていく内容。残念ながら、あまり反響がなく、3カ月で番組は終了となっていた。

 相方の岩井に「復活だ!ってなるかもよ」と振られた澤部は「ならないよ!ほとんど見てなかったんだから!」と笑いながら否定したが、「でも3人で会ったときは毎回、この話をしますけどね。うらやま市良かったよな~って」と、乗り気な姿勢もチラリ。ファンの声が集まれば、復活するかもしれない?

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース