志らく 国と都の休業要請めぐる調整難航に「こんなユルユルでコロナに勝てるのか」

[ 2020年4月10日 13:30 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が10日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けた休業要請をめぐり、国と東京都の調整が難航したことに言及した。

 都側は当初、緊急事態宣言と合わせた休業要請の実施を目指し、9日中に最終案をまとめ10日に公表、11日開始の方針を示していたが、経済への影響を懸念する政府側との間で開始時期や業種を巡って調整が難航。小池百合子知事と西村康稔経済再生担当相が9日夜会談し、ようやく合意した。

 志らくは「緊急事態宣言って伝家の宝刀じゃないけど最後の切り札なんだから、これ以上はこの国ないんですよ。こんなユルユルでコロナに勝てるのかってことですよ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース