高橋克実 都が休業要請対象から外した居酒屋の時短営業を疑問視「朝の5時から営業しろったって…」

[ 2020年4月10日 15:26 ]

高橋克実
Photo By スポニチ

 俳優の高橋克実(59)が10日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)で、東京都の小池百合子知事が表明した休業要請の内容について疑問視した。

 都は当初対象とした居酒屋について、休業要請から外し、時短営業を要請することで方針転換。営業時間は午前5時から午後8時まで、酒の提供は午後7時までとした。

 高橋は、この時間設定に首を傾げ、「朝5時って…夕方5時から8時っていうのは分かりますけど。朝の5時から営業しろったって、それ、どういうことなんだ」と苦笑い。

 「夜の集まりを避けるっていうことなんだと思うんですよ」と理解はしつつ、「夜の集まりを避けて、朝から集まってたら同じことじゃないですか、コレ」と皮肉った。

 番組中に始まった小池知事の会見の内容には、「一番大もとになっている国がキチンと決めてくれないから、(知事も)ただパスしているだけですよね。最終的にボールが現場に回ってきているだけで…決めるのは現場の人じゃないですか」と話し、居酒屋を「現場」に例えた。

 また、「上がハッキリしないからパスしましたっていうだけの話で。これだと、もう現場の人はただ混乱するだけで。こういう言い方されたら、どうしてみようもないですよね」と居酒屋側が困惑しないか危惧した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース