ロンブー淳 山梨・富士吉田市の一律1万円支給策に賛同「市民に政治が寄り添っている」

[ 2020年4月10日 18:52 ]

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳
Photo By スポニチ

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が10日、自身のツイッターを更新し、山梨県富士吉田市の取り組みに賛同した。富士吉田市では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「コロナ撲滅支援金」として全市民に一律で1万円を支給すると発表しており、「『一律』。判断力、決断力、実行力、きちんと市民の皆さんに政治が寄り添ってる感じがするなぁ」と称えた。

 日本政府が発表した1世帯当たり30万円の給付金制度などについて、実際に支給を受けられる対象が分かりづらいとの声が挙がっている。一方で富士吉田市は、収入の増減、年齢などに関わらず、約4万8000人の全市民に対して一律給付の形をとっている。田村淳は「富士吉田市の人たちは、この市に住んで良かったと思えるだろうなぁ…………」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース