吉永みち子氏 新型コロナ感染拡大に「公衆衛生の基盤は信頼…政府、自治体に対する信頼がないと」

[ 2020年4月10日 09:51 ]

吉永みち子さん
Photo By スポニチ

 ノンフィクション作家の吉永みち子氏が10日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が9日に新型コロナウイルスの感染者が新たに181人確認されたと発表したことに言及した。

 1日当たりの感染者数としては8日の144人を上回り、2日連続で最多を更新。都内の感染者数は4日に初の3桁となり、その後も高い水準で推移し、累計では1519人となった。

 吉永氏は「公衆衛生の基盤は信頼だと思うんですね。この政府、自治体に対する信頼がないと、いろんな対策を打ってもその効果というのはどうしても半減してしまう。安心がないですからね」と指摘。その上で「それをどうやったら担保できるのかっていうメッセージが、きちっと透明性が確保されて、しかも一貫性があるってことが人の気持ちに届いて自粛もみんなで頑張ろうって気持ちになるんだと思うんですが、残念ながらそこのところが、なんで今頃こんなところでもめてるんだろうってことを私たちが見てしまっているんです。これはやはり公衆衛生上、一番な信頼というものが生まれていないということだと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月10日のニュース