×

阪神ドラ1・森木 待望の“プロ初勝利”うなった自己最速タイ155キロ 6回無失点「納得のいく結果」

[ 2022年5月26日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神6-0広島 ( 2022年5月25日    鳴尾浜 )

<ウエスタン 神・広>6回無失点の好投で公式戦プロ初勝利を挙げた森木(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神のドラ1右腕・森木がウエスタン・広島戦で待望の“プロ初勝利”を挙げた。4日の広島戦以来となった公式戦2度目の先発で自己最長の6回を投げて3安打無失点と好投を披露した。

 「納得のいく結果だった。7、8割の力感の中で、バテることもなかったですし、7回もいけと言われてもいけるくらいのスタミナは残っていた」

 初回からエンジン全開だった。味方の失策と安打で無死一、二塁のピンチを招いたが、林をスプリットで一ゴロ併殺に抑えると、なおも2死三塁で末包を自己最速タイの155キロ直球で空振り三振。「要所でギアをあげるイメージでやっていた」。相手の主軸を力でねじ伏せるなど毎回の8奪三振と圧倒した。

 登板前には虎風荘で楽天戦の先発を控える西純からも「頑張れよ」と声を掛けられたと言い、先輩からのエールも力に変えた。平田2軍監督も「コントロールといいスピードも申し分ない」と評価。今後に向けて若虎は「もっと(いいパフォーマンスを)表現できるようにしていきたい」と高みを見据えた。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース