×

ヤクルト・青木 気迫の同点打「甘いところだけ意識」、交流戦通算安打単独4位浮上

[ 2022年5月26日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト7―6日本ハム ( 2022年5月25日    神宮 )

<ヤ・日>8回、青木は同点適時打を放ちガッツポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの頼れるベテランが気迫の同点打を放った。1点を追う8回2死三塁、青木が「甘いところだけ意識して、そこだけ待って一発で仕留める意識でした」と堀の低め直球を中前へはじき返した。直前に一塁走者の渡辺がけん制死した嫌なムードを振り払う一打。交流戦の通算安打数は新井貴浩を抜き単独4位となる308安打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース