×

日大 1部残留に望みつないだ、林が決勝二塁打「絶対還してやろうと思った」

[ 2022年5月26日 05:30 ]

東都大学野球順位決定戦第2日   日大5―4中大 ( 2022年5月25日    神宮 )

<日大・中大>決勝打を放った日大・林(左)と救援で好投した杉本
Photo By スポニチ

 勝ち点、勝率で並んだ3チームの総当たりによる4~6位決定戦1試合が行われた。前日敗れた日大は、同点の7回に林拓馬外野手(3年)が決勝適時二塁打を放ち、5―4で中大に競り勝った。1勝1敗とし、1部残留に望みをつないだ。26日は青学大―中大戦が行われる。

 日大は負ければ最下位が決まる一戦で粘りを見せた。3―4の7回に同点とすると、なお1死三塁で3年生の3番・林が左翼線への決勝適時二塁打。「絶対(走者を)還してやろうと思った」と胸を張った。6回途中からは、林と同じ大垣日大出身の4年生右腕・杉本が救援し、3回1/3を無失点と好投。「真っすぐで打者をねじ伏せてやろうと。(林の決勝打は)ベンチで凄く盛り上がってました」と喜んだ。

 ▼中大・清水達也監督(1点差の接戦を落とし)硬さがあったと思う。もう負けられないので、切り替えないと。

 ▽順位決定戦の行方 26日の青学大戦で中大が敗れた場合、2敗で最下位が決定。中大が勝利した場合は、3校とも1勝1敗となり、6月1日から再度、総当たり戦(UDトラックス上尾)を実施する。最下位校は2部1位の東洋大との入れ替え戦(6月20日から、神宮)に回る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース