×

大野豊氏 復調の広島打線 遠藤の代え時もはまった 今後の躍進期待させる1勝

[ 2022年5月26日 05:30 ]

交流戦   広島5-2ロッテ ( 2022年5月25日    マツダ )

大野豊氏
Photo By スポニチ

 【大野豊 視点】トータルで見れば遠藤の粘りが勝因だが、打線が状態の良いときに戻ってきた。勝ち越した5回、突き放した6回はいずれも2死からの得点。カープらしさが出た攻撃だったと言える。

 好投手が多いパ・リーグとの交流戦。負けない野球をすることも大事だが、それ以上に点を取ることが重要になってくる。カープの先発投手陣は6枚がそろい、防御率もここまで2点台をキープ。つまり打線が3、4点を取れれば、おのずと勝機は多くなるのだ。

 昨季の交流戦はわずか3勝(12敗3分け)に終わり、先発投手には一度も勝ち星がつかなかった。その点、早い段階で先発の遠藤に勝ちがついたことは大きいし、打線がつながったこの日の勝ち方は、今後の躍進を期待させるものだった。

 その遠藤の代え時もうまくはまった。7回で3点差あったとはいえ、引っかかっての死球や降板直前の左飛も甘いボールだった。前回の巨人戦もあり、早めの決断となったのだろう。塹江、森浦、栗林のリレーもしっかり機能して、投打がかみあった1勝となった。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース