×

西武・与座 第二の故郷で3勝目 緩急駆使で6回1失点「打者を見ながら攻めていけた」

[ 2022年5月26日 05:30 ]

交流戦   西武2―1中日 ( 2022年5月25日    バンテリンD )

<中・西>力投する先発の与座(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武・与座が下手投げから緩急を駆使し、6回1失点で3勝目を挙げた。岐阜経大出身で東海地方を「第二の故郷」と呼び、初めて投げたバンテリンドームで「打者を見ながら攻めていけた」と好投。慣れない打撃では5回に犠打を決め「まぐれです」と照れた。

 前回17日のソフトバンク戦は本当の故郷・沖縄で8回無失点も9回に平良が逆転を許して白星がスルリ。「(東海地方は)4年間お世話になった地なので楽しみだった」と喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース