×

決勝打の広島・マクブルーム 好機に強い秘けつは「甘い球はどんどん振る気持ちで臨んでいる」

[ 2022年5月26日 05:30 ]

交流戦   広島5-2ロッテ ( 2022年5月25日    マツダ )

<広・ロ>5回、マクブルームは勝ち越しの適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 零敗を喫した前夜の嫌な空気と交流戦の苦手意識を、頼れる4番打者がバットで一掃した。広島・マクブルームが勝ち越しの2点二塁打。ここ一番で勝負強さを発揮し、チームの勝利に貢献した助っ人は破顔一笑だ。

 「非常にうれしい。自分の前を打ち、出塁してくれる走者に感謝しないといけない」

 同点の5回2死一、二塁で、左腕・小島が投じた初球の甘いチェンジアップを強振。痛烈な打球で三塁線を破り、チームに流れを呼び込んだ。リーグ単独トップに躍り出る6個目の勝利打点。好機で強い秘けつはこうだ。

 「投手はストライクを投げないといけないので的を絞りやすい。そこで積極的な姿勢は失わないように、甘い球はどんどん振る気持ちで臨んでいる」

 本拠地で交流戦2戦目にしてつかんだ今季初星。佐々岡監督は助っ人のV打に「4番がつないで仕事をしてくれた。昨年とは違う気持ちの中でこういう野球、こういう試合をやっていれば」とし、つなぐカープ野球に改めて自信をにじませた。(江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース