×

立浪ホッ!中日、連敗7でストップ 福留の今季初安打&8番降格の高橋周が猛打賞 役者そろって再発進

[ 2022年5月26日 21:30 ]

交流戦   中日6-3西武 ( 2022年5月26日    バンテリンD )

<中・西>6回、適時打を放ちベンチに戻る福留を大盛り上がりで迎える中日ベンチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 7連敗中だった中日が26日の西武戦に6-3で勝利し、連敗を脱出した。

 先発の松葉が踏ん張った。4回の1死一、三塁では、パ・リーグ本塁打ランクトップの山川、呉念庭を抑えて先制を許さず。すると4回に打線が3点を奪い、チーム一丸で連敗阻止に向けて機運が高まった。

 5回に1点を追加し、6回には高橋周が猛打賞完成となる適時打。さらに代打・福留が26打席目で今季初安打となる適時二塁打を放ち、リードを広げた。

 5回1失点で先発・松葉が踏ん張った後は、清水-祖父江-山本と必勝リレー。9回に登板した藤嶋がピンチを招き、最後は守護神のR・マルティネスを投入したが、辛くも逃げ切り勝ちを収めた。

 貯金1から借金6まで一時後退したものの、中日は再出発となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月26日のニュース