日本ハム・中田 故郷広島で復活のろし打!守備も走塁も腰に「不安なし」

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   日本ハム1ー4広島 ( 2021年7月27日    マツダ )

<広・日>6回、左前打を放つ中田(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が故郷の広島で、母・香織さんもスタンドで見守る前で復活へ再始動した。打率1割台のどん底の中、6月8日の阪神戦で急性腰痛を発症して戦線離脱。それ以来となる1軍の実戦で3打数1安打だった。

 「久々に1軍クラスの投手で当たるか不安だったけど、冷静にボールを見られた」

 2打席凡退で迎えた6回2死一塁の第3打席。カーブを捉えて左前に運ぶまでの過程に手応えがあった。外角の際どいボール球を2球見逃し。「そっちが(安打より)良かった」と振り返った。

 続く王柏融(ワンボーロン)の適時二塁打で三塁へ走った際や守備の際も、腰に「不安はなかった」という。「ここからは技術的なものを上げていくだけ」と栗山監督。最下位から巻き返すためのキーマンが動きだした。(和田 裕司)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース