侍J最年少の村上、9回適時打でサヨナラ貢献「誰一人諦めてなかった」

[ 2021年7月28日 19:26 ]

東京五輪 野球1次リーグ   日本4―3ドミニカ共和国 ( 2021年7月28日    福島県営あづま球場 )

<日本・ドミニカ共和国>9回無死一、二塁、村上は右前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 最年少の村上が、チームのサヨナラ勝ちに貢献した。2点を追う9回。1死一、二塁から低めのチェンジアップをすくい、右前にタイムリー。「2点差で一つもアウトをあげられない状況でしたし、つなぐ意識で打席に入りました。誰一人諦めてなかったですし、何かあるんじゃないか、逆転できるチャンスがあるんじゃないかと」と振り返った。

 7回にも1死二、三塁で一ゴロの間に三塁走者が生還。「国際大会、無観客でいろいろ難しい雰囲気でした。今日負けていたら何を言われるか分からない。相手がどうこうよりも僕たちが勝ったという事実が、そこだけかなと。勝ちというところがすべてかなと思います」と初戦白星に安堵(あんど)の表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース