阪神・伊藤将は2回に11人猛攻受け6失点…後半戦へ課題残すマウンドに

[ 2021年7月28日 17:20 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神-ロッテ ( 2021年7月28日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・ロ(2)> 2回、6点を失った伊藤将は肩を落としてベンチへ戻る(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 先発した伊藤将は、序盤から大乱調だった。2回1死二、三塁で和田に左前適時打で先制されると、暴投と犠飛で3点を献上。その後も藤原に右翼へソロを被弾するなど、打者11人の猛攻をうけ、この回6失点を喫した。その後は追加点を与えず4回7安打6失点で降板。後半戦へ向けて課題を残すマウンドだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース