広島・中村奨 攻守で上々 左翼で好捕、打っては先制二塁打!それでもどん欲「もっと技術を上げないと」

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   広島4-1日本ハム ( 2021年7月27日    マツダ )

<広・日>1回無死一塁、中村奨は左翼線に先制の適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 課題解消へ、外野手でナイター特訓に臨む広島・中村奨が上々の発進だ。日本ハム戦に2番・左翼で先発。7回にマスクをかぶるまで2度の守備機会を無難にこなし、打っても先制二塁打を放つなど2打点をマークした。

 「まだまだです。2つ目は判断が一つ遅れたら落ちていた。もっと技術を上げないと」

 薄暮の3回に高浜の邪飛を無難に処理すると、6回の先頭・浅間の浅い飛球もスライディング好捕した。自己評価は厳しめでも、佐々岡監督は「練習の成果。不安を無くすにはどんどん経験するしかない」と期待した。

 先発機会を増やすための外野特訓。評判通り、初回無死一塁で左翼線へ先制二塁打を放つと、2点優勢の6回1死満塁でもきっちり右犠飛だ。「出るのが一番。今日のような外野から捕手は他の人にできない。すごく楽しい」と目を輝かせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月28日のニュース