阪神・岡田元監督の母校、関大北陽が左腕トリプルリレーで大阪大会ベスト8進出

[ 2021年7月28日 12:37 ]

全国高校野球選手権大会大阪大会5回戦   関大北陽3―1大体大浪商 ( 2021年7月28日    南港中央 )

左腕3人のリレーでベスト8に進出した関大北陽、右から杉本、田中仁、春山
Photo By スポニチ

 阪神・岡田彰布元監督の母校、関大北陽がシード校対決を制し、ベスト8に進出した。6回に山田悠平主将の先制左二塁打で主導権を握ると、1点差と追い上げられた6回1死満塁のピンチに、リリーフした田中仁が2球で遊ゴロ併殺に切り抜けると、7回からは中堅からマウンドに回った杉本瞬が3回1安打無失点の火消し役を務めた。辻本忠監督は左腕3人のリレーについて「粘り強く投げてくれた。ポイントの右打者を狙い通りに打たせて取ってくれた」と目を細めた。

 昨年は独自大会を勝ち進んだが、準決勝で打ち切りとなったために、頂点に立つことはできなかった。春8回、夏6回の甲子園を経験した名門が、左腕トリオで22年ぶりの甲子園に挑戦する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース