巨人・宮本コーチ 五輪中断期間は「2次キャンプ」シーズン後半戦へ体力強化図る

[ 2021年7月28日 05:30 ]

巨人の宮本コーチ
Photo By スポニチ

 巨人の宮本投手チーフコーチが、五輪による中断期間を「2次キャンプ」と位置付けた。「ランニングはしっかりやる。ウエート(トレーニング)も普段より倍ぐらいやる。残りのシーズンを戦う体力を養う」と説明。投手陣は肩肘を休めつつ体力面の強化を図る。

 チームは首位・阪神に2ゲーム差の2位。菅野がコンディション不良、中川が左第10肋骨骨折で離脱中で「ケガ人がこの期間で完治して後半戦から復活してくれれば。エースが(戻って)きてくれないと、というのはある」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース