一昨年の覇者・履正社、背番号10金沢が完投でベスト8進出「内を攻めることができた」

[ 2021年7月28日 12:37 ]

全国高校野球選手権大阪大会5回戦   履正社4―1阪南大高 ( 2021年7月28日    南港中央 )

履正社先発・金沢は9回1失点と好投する (撮影・平嶋 理子)    
Photo By スポニチ

 履正社の背番号10の右腕・金沢が大会2度目の先発で9回5安打1失点。チームをベスト8に導いた。初回に4番、5番の連打で同点とされたが、以後は踏ん張った。4回1死二塁では5番、6番を連続三振。8回2死三塁でも「気持ちを引くことなく、内を攻めることができた」と相手1番を見逃し三振に封じた。

 岡田監督も「点が入らないし、打てない。指示通りに打つことができない」と気を引き締めたが、金沢については「よく放ってくれた。投手がいないから、しのいでいかないと」と左腕エース・渡辺との2枚看板で、ノーシードからの勝ち上がりをにらんでいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース