阪神・藤浪 先発再転向へ上々試運転 4回2失点も最速155キロ「収穫のある内容」

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神6-4ロッテ ( 2021年7月27日    甲子園 )

<神・ロ>先発で4回2失点の藤浪(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 後半戦から先発に再転向する阪神・藤浪が上々の試運転だ。制球も不安なく、4回3安打2失点(自責1)。最速155キロをマークし、手応えを口にした。

 「2点は取られましたが、内容自体は良かったのかなと。結果以上に、収穫のある内容だったと思います」

 2回に高浜に右越えソロを被弾。4回2死二塁では、サインミスでベースカバーのいない二塁にけん制して走者を三塁に進め、鳥谷に中前適時打されたものの、全体的に安定感があった。元同僚の鳥谷との対戦は第1打席が左飛の“1勝1敗”で「野球面含め、いろいろなことを教わったので、対戦できることをすごく光栄に思いました。対戦を楽しむ余裕も今日は少しあったので」と、充実した表情を浮かべた。

 矢野監督は「全体的には良かった」と評価しながらも「期待値は(もっと高いから)今のままではいいと思ってないんでね」と、成長に期待。素材抜群の右腕が加われば、ローテーションの厚みはグッと増すだけに、後半戦までに万全の態勢を整えたい。(山添 晴治)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース