浦和学院が3年ぶり14度目の甲子園出場―森監督は今夏限りでの退任を表明

[ 2021年7月28日 12:37 ]

全国高校野球選手権埼玉大会決勝   浦和学院10―4昌平 ( 2021年7月28日    県営大宮公園野球場 )

初回1死一、三塁、浦和学院・吉田瑞は右犠飛を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 浦和学院は初回に4番・吉田瑞樹(3年)の中犠飛で先制点を奪った。2回にも1番・吉田匠吾(3年)の3ランなどで4点を追加。昌平は中盤に反撃したが、浦和学院が10―4で逃げ切り、3年ぶり14度目の甲子園出場を果たした。

 試合後のインタビューで浦和学院の森士監督が「この夏をもって監督を退任しようと思います。30年間応援してくれた埼玉県のファンの皆様にお礼を言いたいです」と退任を表明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース